改めて人を褒めるメリット

褒められる喜び

人はなんのためにいきているのか

これまでもたびたびお話をしました。
マズローの欲求5段階でも
最終的な人の欲求は
自己実現をすることでしたね。

それは
世の中に自分という個性の存在を残すことだと思います。

こんなに凄いことをした、
こんなに役に立てた、
こんなに喜ばれた、

つまり自己実現をすることは
自分の欲求の最終形であるとともに
人から認められ、褒められることの結果ではないでしょうか。

人からの評価を得て
自分の価値を見出すことができる。
自分が価値ある人間だと実感できる。

人は他の人の役に立ち、褒められるために生きている
私はそう思うのです。

ですから人は
当然、自分のことを褒めてくれる人に
好意をいだくのです。

褒めることができない?

ところが世の中には
人を褒めるとかえって甘やかすことになる
褒めるほどのことはしていない
なんて考える人が多くありませんか。

褒めずに
そこはもう少しこうした方がいい
私ならもっとこうする
そんな説教をする人が多くないですか。

そういう人たちは
自分は経験も知識もあるから
自分ならもっとうまくできるんだぞ。

きっとそういいたいのです。
そして
ああ、そうですね、
確かにその通りですね、
さすがですね。
といって自分が褒められたいのです。

でも、そんな厄介な人と
仲良くかかわりたいですか?

今は
人間性、心の内面に注目する時代です。

だからこそ
豊かな心の通じ合いや
力を合わせて目標に向かう感覚が大切なのです。

だからこそ
人を好きになること
人から好かれることが大切な時代なのです。

人間関係をより良くする特効薬
それは
人の良いところを見つけ
素直に褒めることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA