鎖骨骨折してました!!

恐ろしい痛み

しばらく投稿を更新せずにおりましたが、

実はスケボーで転び
右ひじから叩きつけられたと感じた瞬間
右胸にズキンと
深く思い痛みが、、、

しばらく立ち上がれず
周りの声も入ってこず

右手の指は動くものの
右手を上げることがまったくできず

そして恐ろしい痛みが、、

何だかんだで
レントゲンを撮ると

鎖骨が折れて
きれいに上下にずれていました。

特殊なコルセットで
時間をかけて直す方法もあったのですが
これだけずれていると手術の方が早い
ということで
プレートで支える手術を受けることにしました。

手術のつらさ

手術を受けるには
レントゲン、血液検査、肺活量測定、心電図測定、検尿
などの検査を受けなければなりません。

全身麻酔をするために
それに耐えられるか
どれだけの麻酔量にするかを検討するためだそうです。

腕を少し動かしただけでも
激痛が走る中
なぜ、自分がこんな目にあってしまうのか
なんて不運なんだ
そういえば今年の初詣で引いたおみくじは良くなかった

などといろいろな思いが頭をめぐりました。

そして
自分は本当に不幸だな、、
と思った時、

そういえば
人は3つの大きな苦労が重なると
うつになりやすいという説を思い出しました。

確かに2つ大きな苦労を抱えており
骨折で3つ目になりますが、
絶対にうつにならないために
私が大切にしている言葉を思い出しました。

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

そうです
この骨折もきっと
さらなる不幸を避けるための試練
ここでまたいろいろなことを学び
さらに成長するための試練

そう考えるように決意しました。

手術自体は麻酔により何も感じません。

ただ、終わってからの12時間は地獄です。

術後の切開の痛みが襲います。
また寝返りをうてない背中の痛み
そしてトイレに行けず看護婦さんにお願いする
尿瓶での排尿。

そして4日間の入院ののち退院。

私の鎖骨には
チタンのプレートと
それを骨に留める6本のチタンのネジが入りました。
さらに右胸には10cm以上の切開痕。

骨折が右手でしたので
生活は本当に不便です。

1ケ月はほとんど動かさない生活。
そして現在は
動かさないことで硬くなった筋肉のリハビリ中です。

鎖骨はというと
プレートに支えられていますが、
未だにくっついておらず
もとのような運動ができるまで
半年かかると言われています。

ということで
投稿も間が空いておりましたが
頭のリハビリもかねて
また少しづつ始めていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA