行動心理学 / 実対応 / 腕を抱え込む

不安の表れ

会話をしていたり
相談を受けていたりしていて
相手が腕を抱え込むようなし草をした場合
それは不安の表れととらえます。

このような時は
相手のその不安を
優しく受け止め
それはつらいですね
大変でしたね
などと相手の感情を
そのままフィードバックすることが大切です。

このようにして
不安を受け止めてあげることで
その相手から信頼され
良好な関係を築くことができます。

ここで注意が必要なことは
焦ってアドバイスをしたり
励ましたりしないことです。

すぐにこのような態度にでると
相手は心のペースを乱し
自分の心の整理がつかなくなってしまいます。