行動心理学 / 人間の感情 / 種類

2種類の感情

人の感情には2種類があります。
1つは遺伝的に持っていて
人間の本性ともいえる基本情動というもので
もう一つは
社会的生活を円滑に行うために必要な
社会的感情というものです。

基本情動には
恐怖、怒り、悲しみ、喜び、驚き、嫌悪の
6つの感情があります。
例えば怒りの感情は
世界中のどんな民族、部族でも共通した表現がなされ
誰が見てもその人が怒っていることがわかります。

つまりすべての人間に共通する
基本的な感情なのです。

また文化や環境などの外的要因を受けにくく
人間の本性といえますし
犬や猿など他の動物にも見られるものでもあります。

一方の社会的感情には
正義感、誇り、罪悪感、恥、感謝、愛などがあり
人間が他の人との関りのなかから生まれる
人間にしか見られない感情です。

例えば感謝は
相手からの好意に対して
それに見合った言動をして
お互いが良い関係を築き上げる
絆を形成するためのものです。

自分を守るための基本情動が働くと
社会的感情が停止してしまいます。
周囲からは
「感情的な人だ」とネガティブな印象を持たれてしまうこともあります。

行き過ぎた基本情動にならないように
コントロールする意思が必要ですし
受け止める側も
それが人間が持つ特性と考え
ある程度理解してあげる必要もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA