行動心理学 / 人間の感情 / 幸福感

幸福感とは

人が感じる幸福感とはなんでしょう。

人は安定していて
持続した穏やかな心理状態である時
幸福を感じるものです。

例えば宝くじに当たったとしても
その時は高揚感と興奮で舞い上がり
なんて運がいいんだ
幸せなんだと感じますが
そのこと自体は
継続的な幸福感を与えてくれるものではありません。

お金を有していること
物品などの富を手に入れることも
当然ある程度の所有があることは
幸福に結びついているのですが
人は物質的な富だけでは
幸せだと感じきれないのです。

経済大国である日本の国民は
自分が幸福であると感じている割合が
とても低いことは周知の事実です。

また大富豪と一般庶民での
幸福度調査においても
その差は顕著ではないこともわかっています。

つまり
物質的な富は
幸福感にそれほど影響を及ぼしていない
ということです。

では幸せは何によってもたらされるのか
心理学においては
人間は
健康や豊かな人間関係に恵まれていること
また家族をつくり
仲良く暮らすことが幸せの源だと考えています。

人間は社会的動物ですから
その社会において
安定した自分のポジションを築き
集団内で心地よい生活が
永続的に続く状態に幸福を感じるわけです。

+援助行動

さらに
人間は援助行動によっても
高い幸福感を得ることができます。

困っている人を助ける
相手が不便や不自由を感じないように気を遣う
そのような援助行動によって
自分自身が生きている意味や価値を見出し
自己評価を高め
共同体意識を高めることができるのです。

援助行動は
援助される側の感謝と
援助した側の満足感と
両者にとって幸福感を高める
とてもすばらしい行動なのです。

自分のためにも
援助行動を自然にできる習慣を身に付けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA