行動心理学 / 腕のしぐさの心理1

腕のしぐさに見る心境

腕は手と同様に人の心理を表しやすい
身体部位です。

■腕が上がる
嬉しかったり、ワクワクしたりすると
自然と腕が上がりますし
その気持ちが強いと両腕が上がるものです。
成功する場面でよく見られます。

■腕が下がる
動揺したり、恐怖を感じるなど
強い不快感情を感じると
腕は下がり、身体にくっつきます。
これは、危険から身を守ることを意識していて
腕が身の安全を守るための重要な部位なために起こる自然な反応です。

相手の腕が下がるような対応はなるべく避けるか
そのような対応をせざるを得ないとしても
短時間に済ませましょう。

自分の敵を作ることになってしまいますので。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA