行動心理学 / コミュニケーション3

声が与える印象

人は声を聞いただけで
その人の機嫌がどうかとか
調子がどうかとか
状況がどうかとかを判断できます。

また人それぞれ
声に対しての好みがあり
ハキハキと明瞭な声の持ち主は
好感を持たれやすい反面
鼻声に対しては
好感を抱かれにくい傾向があります。

さらに相手の声によって
その人の性格的傾向をイメージしてしまいがちです。

おっとり、ゆっくり話す人は
おとなしく、落ち着いた感じの人とか、

早く話す人は
せっかちでイライラしやすい人とか、

言葉遣いが荒いのは
粗暴な人とかを想像してしまいます。

男女でも印象の差があり、
男性で
高い声で話す人は、優しくイケメンとか
明瞭な声を出す人は、傲慢な印象を与えたりします。

女性では
高い声で話す人は、外交的で明るい感じとか
明瞭な声を出す人は、活発だけど面白みに欠けそうとか
そんなイメージを抱かれがちです。

人は
自分とリズムのあう人に好感を持ちます。

相手に好意を持たれたいと考えた場合は
自分の声を変えることはできなくても
リズムや高低を意識して
相手に合わせることはできますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA