行動心理学 / ガイダンス3/ 健康のための学び

長寿の秘訣

前回、人間は
社会に所属し
他者に認められ、繋がっていたい動物
というお話をしました。

そのことに関連するお話しをします。

欲求として社会と繋がっていたいということは
繋がっていないと大変ストレスがたまり
それは寿命にも影響します。

なぜ女性の方が
一般的に男性よりも長生きなのか、
それは女性の方が
コミュニケーションを大切に考え
そのため社会との接点が多く
欲求を満たされるため
ストレスホルモンも抑えられ
身体の免疫力もアップし
生きる活力も高くなるから
と報告されています。

ただ、イタリアのサルディニア島では
100歳を超える住民の割合がとても高いだけでなく
男性の平均寿命の方が女性よりも高くなっています。

これはサルディニア島の男性が
社会としっかり繋がりをもっていて
孤独を感じることなく
毎日コミュニケーションを楽しんでいるため
と考えられています。

ある研究では
たばこやお酒を飲んで
肥満体形であることによるリスクよりも
社会との繋がりや
親友の存在がいないことの方が
短命で終わるリスクが倍近く高いとも言われます。

自分が成長する

それだけ
人間は人との繋がりが大切なのですから
やはり周りの人との人間関係を
良好に保つすべは重要になります。

ご家族やご友人を大切にしていますか。
親友は3人以上必要だそうですよ。

人間関係は
自分が相手を大切に思えば
たいていはそれが相手に伝わり
相手も大切に思ってくれるものです。

ただ、
大切に思うだけではなく
それをどのように表現していくか
また周りの人から好感を持ってもらう
話し方、仕草、身だしなみ、行動
そのようなことに気を配ることも大切なのです。

自分はこういう人間で
こうしかできない
それで文句があるなら寄ってくるな、、
そんな態度では状況は変わりません。

人間は死ぬまで成長し続けるべきです。

成長とは
周りの良いところを学び
自分に取り入れることです。

楽しい人生を送るために
楽しく学んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA