行動心理学 / 人間関係7 / 恋愛関係

恋愛関係とは

恋愛関係とはどういうものでしょうか。

■お互いを必要としあう
相手に対する依存が強く
親密でありたいと願います。

■援助行動が繰り返される
相手を助けよう、支えようと考え
身の回りの世話をしようとします。

■独占する
相手に夢中になり
自分以外に注意が向くと嫉妬します。

■性的・身体的親密性が高い
身体的接触や性交渉に繋がります。

以上が恋愛関係にある同士が抱く感情、行動です。
典型的な恋愛状態ですよね。

そしてこの恋愛関係は
一般的には、次の段階を踏んで進展します。

1、好意を持つ相手に
相談をしたり、プレゼントを贈ります。

2、二人でデートをするようになり
友人から進んだ関係を意識します。
親密度が上がり、喧嘩することもあります。

3、相手のことを自分の友人に
彼氏、彼女として紹介します。
このころには身体的親密度も高まります。

4、恋人として周囲に紹介し
公認の仲になります。

5、結婚の話がでるようになり
将来設計を語るようになります。

いかがですか
恋愛の最終形が結婚というと
いや、現代はそうでもないのでは
という意見もでるでしょうが
実は結婚していない人は
している人に比べ
幸福度、健康度が低く
自殺率が高いという研究結果もでているのです。

男女の恋愛意識

ところで男女の恋愛意識には差があります。

例えば相手に対して嫉妬した場合
男性は他の男に女性を奪われまいと
女性により優しくなる傾向があります。

一方女性は
気を引く行動を止めて
相手の様子を見るようになり
欠点を探そうとします。

男性に嫉妬心を抱かせると
さらに自分に気持ちを引きつけられますが
女性に嫉妬心を抱かせるようなことをすると
むしろ心は離れがちということですね。

また男性は
女性を選ぶ基準は変わりませんが
女性は短期間であるならかっこいい人
結婚するなら性格のいい人を選びがちです。

以上はあくまでも一般論ですが
男性はより内面を高めることが大切。
女性は自分を偽らず
そのままの自分を好いてくれる人と恋愛するのが大切。
それが私の答えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA