行動心理学 / 人間関係9 / 恋愛を実らせる

恋愛のはじまり

それでは最も関心が高いと思われる
恋愛の成功法則をお話ししますね。

とにかく対人関係は
第一印象が最も大切です。

最初の数秒でどんな人かを判断し
そこでバツなら
もう後はどうあがいても
取り返しはつきません。

バツでなければ
その後会話が発展するわけですが
ここで最も注意が必要なのは
自分の欠点を伝えないことです。

初頭効果といいますが
最初の印象、会話が
相手には強く記憶されるので
ここでは
自分の良い点を
さりげなくアピールすることが大切です。

明確な謙遜や卑下は避けましょう。
マイナスポイントは
付き合いだしてから打ち明ければ
受け入れてくれることが多いのです。

それとアピールする上で
重要なのはさりげなさです。

自慢話しになっては逆効果です。

話だけではなく
さりげなく
道を譲る
ドアを開けてあげる
男性なら車道側を歩いてあげる
そういうことも大切です。

ただし会話にしても
偽りの自分を演出してはいけません。

それは付き合ううちに
メッキが剥げるように
落胆に変わります。

つまり
普段から
自分はいい人間になろうと
真摯に努力することが大切なのです。

また人は出来事の
最初と最後の記憶が心に刻まれるものです。

ですので別れ際の
会話、挨拶、しぐさ、微笑み
これが本当に大切です。

その日の記憶は
去り際の印象が
本の表紙のように残るのです。

次も会おうかどうしようか
恋愛として進めようかどうしようか
その表紙が強く左右するのです。

食事はデートに最適

それと恋愛関係を築くシチュエーションには
食事が効果的です。

人は食事をしている時
注意力が散漫になり
多少の耳障りな話も
気分よく食事を楽しむことを優先して
聞き流す傾向があるからです。

恋愛を育む初期段階は
食事で会話を盛り上げましょう。

もちろんアルコールも効果的。

ただしすべての人が
アルコール好きではありません。

相手に確認して
決して無理強いしてはいけません。

いつも
自分を通すのではなく
相手を思いやる
この気持ちが実践できれば
怖いものなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA