コラム

子供の自立を促す

自立とは自己中心からの脱却
とアドラー心理学では言っています。

子供は、欲しいものがあったり、したいことがあると、
これ買ってとか、これがしたいとおねだりをします。
親はそれは不要だと考えると、ダメだと伝えます。
それでもそれが欲しい、それがしたい子供は、すねたり、泣いたり、怒ったり
抗議をして、なんとか自分の意見が通るようにします。

これは子供だけの話ではないのですが、
こういう態度をする状態をわがまま、自己中心的といいますよね。

人間はこの自己中心から、
他者のことを考え、自分のことを考え、
最良な道を選択していくことが求められます。

このように
自分で最良の選択ができるようになることを自立といいます。
子供の教育とは、まさにこの自立心を育むことなのです。

なぜなら、子供が社会に出て生活をしていく際、
必ず大きな選択、魅力的な誘惑、重い苦労、
そして大切な人との関りがあります。

そんな時に自己中心的な行動をしていたら
大きな落とし穴が待っています。
その穴から親が助けてくれることもあるでしょう。
しかし、社会がそれを許さないこともありますし、
親自身もやがてはいなくなっていく存在でもあります。

そんな大きな失敗をしないために、
物事を自分の力で考え、判断し、行動する能力が必要なのです。
それが自立するということです。

この能力は子供のころから鍛えなければ、
一朝一夕で身につくものではありません。

では、どのようにしていくべきか。

とにかく、普段から、物事を自分の頭で考える癖をつけさせることです

学校の宿題をせず、遊びに行きたがるのは子供の常です。
そんな時、その子に、
「遊びに行くか行かないかは自分で決めなさい。
今宿題をせず遊べば、遊んでいる間は楽しいよね。
でも帰ってきたらご飯だし、疲れて宿題できないかもしれないよね。
宿題せずに学校にいったら、勉強が身につかないかもしれないよね。
そうなると将来やりたかった〇〇ができなくなるかもしれないね。
さあ、どうしたらいいかなあ?」

このようなやり取りで、
子供が、自分の行動を判断する材料を与え、
あとは子供に決めさせるということです。
そしてその子の判断を尊重するということです。

ここで子供が、じゃあ、宿題をしてから遊ぶと判断すれば
親としてはホッとしますが、
大丈夫、帰ってから宿題するといって遊び、結局できない時、
あーだめじゃんとなります。

でも、ここで頭ごなしに叱ることをせず、
冷静に話をする必要があります。

「やると言っていたけど、できなかったね。
なぜ出来なかったのかな。
これからもこれでいいのかな。
これを続けていくと楽しいけど、
勉強ができるようになれるのかな。」

このように地道な話し合いの積み重ねをしていくのです。
そして見守っていくということです。

親という字は
木の上に立って見る、と書きますが、
まさに高い所(経験をつんだ)所から、
アドバイスをする、そういう存在なのでしょう。

ここで大切なことは、
鬼の形相で叱ってはいけないということです

強い立場の人間から、恐ろしい調子で叱られると、
叱られている内容は頭に入らず、
叱られているその場から早く逃げようとか、
叱っているその相手に不信感が募ってしまうだけです。
そこ子の成長には繋がりません。

そして、そうか、自分の意見を通したい時は
怖い顔で大きな声を張り上げればいいんだ、
なんていう余計な知恵がついてしまいます。

鬼の形相の叱りは、
ただ自分の興奮を抑えきれずに怒りを爆発させているに過ぎないのです。

偉そうにお話していますが、
私自身もそういう時があります。
そして、その後に自分の行動を反省し、フォローをします。
この反省によって、
今でも少しずつ自分は成長しているんだと言い聞かせます。

ところで、宿題が出来なかった時、
間違っても親が手伝ってはいけません。
困ったら親は助けてくれるんだと思われ、
やはり自立から遠ざけてしまいます。

子供とともに、
私たちも成長していきましょう

思春期の子供に対して

前回、子供を褒めるお話をしました。
それは普段の接し方についてです。
では、いらいらしがちな思春期の子供にはどう接するか。
そこを考えていきましょう。

思春期は、反抗期とも重なります。
だいたい10代から25歳くらいまでのことを指します。

このころは、性ホルモンがバンバン出て身体を作ります
ただそれが大脳の扁桃体まで達し、
シナプスが次々に形成されるため、
ちょっとしたことにも敏感になり、
感情が高ぶって、何者をも恐れぬ言動まで引き起こすのです。

こうした、周りを驚かすような精神状態は
若者特有のものであり、
この反抗期パワーによって、
人類は無謀な挑戦をしつつ発展してきたと言われています。

大海原に新大陸を求めて船をこぎだすことから、
夢に向かって、勝算のない事業を始めることまで、
実にいろいろな挑戦は、
多くの若者の無謀とも言える行動によって支えられてきたのです。

つまり、反抗期はだれにも起こる正常なことであり
その抑えきれないエネルギーが
人類の発展に必要なことでもあったのです

一方で、このシナプス形成は、
記憶を司る海馬まで強く影響するので、
この時期は記憶力も非常に高まります

言わば、稼働し始めの、力を持て余した、
高性能巨大マシンみたいなものです。

反抗期の子供に対して、
あなたのその行動は、私にとって我慢ならないことだけど、
人類の発展を支えた、人類特有なものなんだよ。
だから、そのパワーを人類とは言わないが、
あなたの挑戦のために燃焼させなさい。
とでもいいたくなるような背景があるのですね。

ただ、実際に凶暴な危険生物が同居しているようなご家庭もあるかもしれません。

もちろんとても手に負えない状態であるのなら、
専門家にご相談いただく方が
親子両者にとって安全です。

ただ、そこまででもない場合、
こういう子供に対して放っておかず、
親としては真剣に向き合う必要があります。

とことん子供の話を聴いて
こちらの考えも聴いてもらい、
しっかりと話し合うことがとても大切なのです。

自分のことも思い出しながら、、。

 

子育てに悩む時

人生の悩みの中で、子育ても大きなものですよね。

性格の良い子に育てたい、
自立した立派な大人に育てたい、
夢をかなえて欲しいなどなど、、

しかし現実は、
どうしてわからないのか、
どうしてそんな態度なのか、
どうして何もしないのかといった悩みを抱えることが多いものです。

ソマリア人のジレンマという話があります。

善良なソマリア人は、
わが子を立派な人間にするため、
あらゆるフォローをするのですが、
子供はそんな親がいつも助けてくれるものだと思い、
自分の資産を浪費してしまいます。
結果、子供は立派な人間に育ちません。

これは、教訓として、
子供には、
親からの援助は期待せず、
自分のことは自分でせよと教育していくことこそが
大切なのだと教えています。

アドラー心理学でも、
子供にとって大切なことは、
自立させることで
水辺の場所を教えても、
ついていく必要はなく、
そこで水を飲むのもその子に任せる
と教えています。

それは、子供に対して、
その子の自我を、一人の人間として尊敬し、信頼し、
その子自身を認めてあげること
だと思います。

具体的には、
あれはだめ、これはするなではなく、
その子のやりたいこと、考えを聴いてあげ、
その思いにいたったことを褒めてあげる。

そのうえで、その判断が親から見て
適切なものと思えなかったら、
自分は、こういう理由で、こうした方がいいとか、
ここだけこんな風に直そうかと
一人の人間に対して説得するのです。

まずは、とにかく褒めましょう
考えたこと、思ったこと、行動したことに対して。
悪いことをしてしまった場合でも、
ここはよかったね、ただ、そうしたことで
こんなことになってしまったよ。
どんな風に思う?
と、自分の行動を分析する力をつけさせるのです。

人間は、頭ごなしにガツーンと怒られると、
そのシーンから逃避したい気持ちが一杯になってしまいます。
そして冷静な分析も、次にどうしたらいいのかも
まともに考えられなくなります。

少しでも、褒められるところを褒め、
親が自分のことを認めてくれているという
安心感に包んであげることが大切です。

そのことによって
自分のしたことを冷静に考えられるようになるのです。

難しいことですが
試しにやってみてください。

性格のいい人になる2

性格がいいということは、
多くの人から好かれます。
多くの人から好かれると、
自分を取り巻くコミュニティーの輪が
広く、深くなり、毎日が充実したものになります。

とても素敵な循環が始まります。
もちろんトラブルも発生するものですが、
これも人によって救われるものです。

アドラー心理学でも、
人間の幸せは、対人関係によってのみもたらされる
と言っています。

人との付き合いの薄い人生はさみしいものですよね。
なるべく楽しく人と関わりを持ち、
充実した人生を送りたいものです。

だからこそ、
自分から、性格の良い人を目指しましょう

さて、前回に引き続き、
性格の良い人間になる具体的な方法をご紹介します。

最も大切なことは、
人を褒める
ということです。

日本人は、この褒めるという表現がとても苦手ですよね。
それこそ、そんなこと言わなくてもわかるでしょ、とか
恥ずかしくて言えない、とか、
中には、文句を言わないのが褒めてる証拠
なんていう人もいるかもしれませんね。

でも、人はだれでも、
褒めてくれた相手を敵ではないと認識し、
安心し、喜びを感じ、仲間とみなします。

また、褒められることで自信がつき、
相手のために何かをしてあげたくなります。

もちろん、どうしても肌の合わない相手というものがいますよね。
それでも、ちょっとしたことでも褒めることによって
より悪い方へ流れることは避けられます。
何かの変化が起こることもありえます。

 

では、どのように褒めるのか。
褒めるところが見当たらないなんて考えてはだめです。

外見、内面、行動、どこかに
自分とは違う、褒めポイントがあるはずです

昨日できなかったことが、今日はできたね、
ほんの些細なことでも、十分です。

何か指摘したい時は、、、
絶対に、何か指摘しないと気がすまないという方、
いますよね~。

そういう時は、一旦褒めた後で、
じゃあ、ここはこうしようか、とか
ここはこうでもいいかも、
ソフトな感じで自分の意見も伝えると
相手との関係性も良好になります。

とりあえず身近な人を褒めてみてください。

そして、褒め上手な人に変身してみてください。
幸せがきっと増えていくはずです。

性格のいい人になる

これまで、周りの人とうまくやっていく方法を
いろいろとお話していますが、
今回からは原点に返って、

周りとうまくやっていける、
性格のいい人になるにはどうするか、
そんなお話をしていきたいと思います。

まず、性格のいい人って、
どんな人なんでしょう。

それは、
多くの人が自然と集まってくるような人、
多くの人から相談を受けるような人、
周りの人を笑顔にしてしまうような人
そんな人なんだと私は思います。

つまりそれは、人気のある人とも言えます。

自分には無理だなあ~

そんな声が聞こえてきそうですが、
なにも、何千人、何万人も集めるような
スターになる必要はないんです。

自分の生活圏において
人気のある人になれたら、
それだけですごいことですよね。

もちろん、人それぞれ個性があって、
どうしても気が合わないとか、
信じるものが違うんだよね、
なんて人はいますよね。

そういう人はもちろん除きましょう。
すべての人に好かれる、
そんな完璧主義は捨てましょう

余談ですが、
完璧主義はストレスが溜まるだけです。
人との関りはなるべく、

ま、いいか。
の精神で過ごすようにしましょう。

だから、自分が仲良くしたい相手からだけ
人気がでるようにすればいいんです。

それと、性格のいい人のことを
何でもハイハイとやってあげるような人だと
誤解しないでくださいね。

それは単に都合のいい人になっているだけで、
対等な関係を築けていないのです。

あくまでも付き合いとしては対等な関係
これが大切です。

たとえ、上司と部下であっても、
それは職務上のことで、
敬語の存在や礼を尽くすことはあるにしても、
人格と人格で向き合った時は対等でなければなりません。

日本ではこの辺が難しいところなんですが、
忘れてはいけない部分です。

上司からすると、
部下に職務実行の命令はできるにしても、
その人格を否定することは決してしてはいけません。

今回は基本姿勢のお話でしたが、
次回から具体的な方法をお伝えしていきます。

 

 

良い人間関係を築く4

今回も会話術のお話です。

これまで良い人間関係を築くには、
しっかりと相手の話を聴くことがいいと
お伝えしてきました。

ただ、あまり多くを語りたがらない相手に対してはどうするか、
また、さらに仲良くしていくにはどうするか、
そんな時にお役に立てればの方法です。

何か悩んでそうなんだけど、
何か溜まってそうなんだけど、
そんな相手に心を開いてもらいたいなんていう時は、
身構えている相手の壁を取り除いてもらわなければなりません。

効果的なのが、
まず、あなたがとても気さくで、
話しやすいと感じてもらうことが重要です。

そんな時は、
思い切ってあなたの失敗談
恥ずかしかった話をしたりすると
相手は急に親近感を覚え、心を開いてくれたりします。

また、どんなものが嫌い?とか
どんな人がキモイ?なんて、
ネガティブな印象の言葉を話題にすることで
会話が盛り上がったりします。

あなたとの会話で、なんか発散できる!
そう思ってくれたら大成功です。

相手が、
実はね、、
なんて感じで話始めたら、
その時は真剣に、誠実に、
相手の話に耳を傾けてあげてください。

人は、
笑いが大好きで、
話が大好きで、
優しさを求めているんですよね。

 

良い人間関係を築く3

今回は、良い人間関係を築くための会話術のお話です。

要は、人に寄り添い、相手の話をしっかりと聴いてあげる、
ただ、話を聴いてあげるだけで、
どれだけ相手は救われるでしょう。

心が苦しくなった時、
だれかに話を聞いて欲しい、
そんな思いにかられたことありますよね。

でもそんな時、右から左に上の空で返事されたり、
ちゃかされたり、
違うんだよ、悪いのは自分でしょなんて説教されたり、
聴いてくれたと思ったら次の日には他の人に広まっていたり、

そう、結構信頼して話ができる相手って少ないものです

だからこそ、
誰かと良い関係を築きたいと思ったら、
まずは秘密を守ってあげること

その上で、ただ話を聴いてあげることが大切です。

ああだ、こうだといろいろな意見をいう必要はないのです。
なぜなら相手は、あなたにただ聴いて欲しいだけだから。

安心して自分の愚痴を発散できる、
そういう人を求めているのです。

まずは、相手の言葉を否定せず
なるほどね~と受け止めて、
わかるよ、その気持ち~と共感してあげることが大切です。

その上で、
大変だったね、頑張ったんだね、偉かったねって
褒めてあげられたら最高です。

意見が欲しい時は、
相手が聞いてきます、
どう思うって。
その時に初めて、ソフトに伝えてあげればいいのです。

もし、こうした方がいいという意見があるなら、
それが相手の行動を否定するような意見であったとしても、
こういう考えもあるかもねって
第三者的に言ってあげればいいのです。

いかがですか、
とっても難しいですよね。
でも、こうして言葉を選んでいくということが
成熟した大人になるということじゃないでしょうか。

良い人間関係を築く2

前回に続き、今回は良い人間関係を築くの会話編です。

カタルシス効果という言葉があります。

これは、うっぷんを発散させ、すっきりするということです。
ストレス発散ということですね。

人間はこのカタルシス効果が高められる相手と
より仲良くなりたいわけです。
だからこちらから努力して、
相手のカタルシス効果を高めてあげて、
それによってお互いの仲が深まり、
こちらの気分も良くなっていくようにしたいものです。

まず身に付けたい方法は
ただただ相手の話を聴いてあげるということです。

意見は求められた時に適切な回答をしてあげればいいのです。
なのでこちらからは意見は言わなくていいのです。

みんな、黙って話を、愚痴を、悩みを聞いて欲しいのです。

人は心に溜まったものを話をして吐き出すことですっきりできるのです。
逆にそれを吐き出せず、溜め込めてしまうと
精神的にかなりヤバイ状態になってしまいますから。

話を聴くだけなんて簡単なことじゃんて思いますよね。
でも思い出してください。
人と話をしている時、
それは違うんじゃない、自分ならこうだな、
なんて言ってませんか。

相手の言葉を遮った途端に薄い壁が出来てしまいますよ。
それがだんだん厚くなっていくと、
もう当たり障りのない関係から、
避けて通りたい関係になることもあります。

すでに深~い仲とか、大昔からの親友とか、何十年も連れ添っているから
言いたいことを言っても大丈夫、仲は崩れないからなんて考えていませんか。

私はそのような人たちがちょっとしたことで
修復不能な関係になってしまった例をいくつも見ています。

以前、資生堂の福原元社長が、

言葉は力(ちから)、文字は魔力

とおっしゃってました。

その通り、言葉にはいろいろな力があります。
人を立ち直らせる力。
人に勇気を与える力。
人を喜びに導く力。
そして、
人の心を潰してしまう力もです。

なので、
簡単に言葉を発することを避け、
まず、相手の話をじっくり聴ける人間力を持ちましょう。

そして、
相手に寄り添う会話術を磨いていきましょう。
次はそのお話です。

 

良い人間関係を築く1

だれでも周りの人と良い関係を築きたいですよね。

とは言っても、人それぞれ
考え方も常識も価値観も違います。

アインシュタインも

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。

と言っていますね。
つまり常識なんていっても、
それぞれの人間がこういうもんなんだろうなって考えているにすぎないってことです。

だからこそ自分の価値観に合わない人を非常識と言って非難してしまいますね。
まあ、世の中、だいたいの人が考える常識が似ているから成立っているわけですし、
その枠から逸脱しないように法律とか条令が定められていますけど。

でも、人の礼儀とか、接し方とか、話し方とか、
法で縛れないところに、まさに常識という考えが立ちはだかります。

これはもうそれぞれの人の信念なので、
変えようなんて考えたら大変なパワーが必要になります。

では、それぞれが、それぞれの常識というハードルを持ちながら
どのようにうまく付き合っていくか。

それは、
人間はそれぞれ皆違うんだということを認識することから始まります。

だから自分の思い通りにはいかない
だから相手のことを理解しようと努力しなければなりません。

そして自分のこともわかってもらう努力をしなければなりません。

そうして良い人間関係が築けるのです。

人間は相手から好かれることで初めて良い関係の扉が開くのです。
もちろん、自分の方にその気がなければ扉を開く必要は無いのですが。

自分が相手を好きだからというだけでは、決して相手の扉は開きません。

では、どうやって相手に好意を持ってもらうか。
ズバリ、相手が喜ぶことをしてあげることです。

もちろん、仕事を世話する、お金やものをあげる、
といった方法もありますが、
これはその人のパワーに惹かれているに過ぎません。

そのパワーが陰りをみせたり、必要なくなった時は
スーッと人の気配も消えていきます。

その人の人格や優しさというもので相手を喜ばせないと
真の人間関係は続きません。

まずは優しさを見せましょう。
気配りの優しさです。
具体的には以下のような方法があります。

ペーシング
相手と同じテンポ、トーン、リズムで会話をし、適度に相槌(あいづち)を打つ。

ミラーリング
鏡のように相手の仕草にあわせるような行動をする。

バックトラッキング
~が好きといったら、~がすきなんだね。と言葉を繰り返す。

これらは、心理学上も相手に落ち着いてもらって、
心を開いてもらい、
こちらを信頼してもらう手段としても実践しています。

人間は、自分の話しをしっかりと聞いてくれる相手、
楽しく会話ができる相手にもっとも好意をいだきます。

テクニックではなく、
こういうことが自然とできるような
優しい大人になりたいですね。

今日はよい人間関係を築く導入のお話をしました。

愛情ホルモン オキシトシン

前回、オキシトシンという言葉を使ったので
今回はそのお話です。

これは脳内で分泌される、
信頼と愛情のホルモン
と言われています。

すごいパワーを持っていそうですよね。
実際、哺乳類にはこの作用がとっても大事なことなんです。

これが分泌されることで、
怒りや辛さが軽減され、相手に対する愛情が深まるのです。
もともとは辛い出産を促すためのホルモンだったようです。

どのように分泌されるかというと、
・例えば、相手と目を見つめ合うとか、
・身体の一部が触れ合うとか、
・手を繋ぎ合うとか、

つまり、実際の接触により、
お互いの間の暖かい感情が深まるということです。

スポーツ選手同士のハイタッチでも、
犬とじゃれあうことでもこのホルモンが出てくるのです。

ただ、これには重要なポイントがあります。

気に入らない相手に見つめられるとか、
そばにいて欲しくない相手にどこかを触られるだとかすると、

わかっていますよね、
セクハラになってしまいます。

前提として、大切なことは
近しい間柄において効果を発揮するということです。

なので、まずふれあいを大切にするのではなく、
良好な人間関係を築いてから
さらに愛情を深める手段として活用してくださいね。