カウンセリング/交流分析6/人生脚本

今日は交流分析の最終回です。
人生脚本という分析のお話です。

これは、これまでの各分析を
行ったうえで
より良いコミュニケーションのため
深い自己理解をしていくものです。

人は幼少期に
自分の人生の脚本
つまり自分はこういう人間で
こうして生きていくのだ
というようなことを
無意識の内に創り上げる
という理論に基づきます。

人は、自分で創り上げた
脚本に沿って生きていくため
もしそれが幸せなものでないと
いくら努力しても
幸せになれないと考えます。

そこで
人生のシナリオを
さかのぼり、
本来あるべき自分を
取り戻すことを目指します。

そうして自分を肯定できる
前向きな考え方を身に付けることで
他者のことも肯定できるようにし
より良いストロークを交わせる
理想的な関係を築けるようにします。

実践としては
過去の自分を思い出し
幼いころに身近な大人から投げかけられた
居心地の悪かったストロークを
明確にしていきます。

多くの場合、
禁止令 という形で
大人からのメッセージを
子供は間違った形で
受け取っています。

大人の意図とは異なり
それを受け取った子供は
〇〇してはいけない
と受け取ることが多いのです。

すべての親が意識せずに
使ってしまう言葉から発生しますが
問題はそのメッセージの
受け取り方にあります。

とはいっても
経験も少なく
分別もつきにくい子供としては
その言葉を重く受け取ってしまう
ことがあるのです。

人生脚本の禁止令として
大人の言葉と
それを子供がどうメッセージとして
受け取るのかの例をあげると

・ほんとにうちの子なの
それじゃあ生きてる意味ないじゃん
↑存在してはならないと受け取る

・男(女)の子だったらよかったのに
↑女(男)であってはならない

・子供みたいなことしないで
↑子供であってはいけない

・いつまでもそのままがいいのに
↑成長してはならない

・出来たからって大喜びしないで
↑成功してはならない

・人に本当のことをいっちゃだめ
↑人を信用してはならない

・そんなにニコニコしてないで
↑自然な感情を出してはならない
などなど、、、

すべて、発信する側と
受け取る側の意識のずれが原因です。

これらを深層心理からさらけ出し
今の自分なら
あの時親に言われたことに対して
違う形で返すことができることを
理解していただきます。

そして
将来の自分はどうしていきたいのか
そのために
これからどうすべきかを
検討していきます。

言葉って難しいですよね。

でも
その言葉一つで
喜びも楽しみも生まれます。

人生は長いのです。
より良いコミュニケーションを
重ねることによって
より充実した人生にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA