ソリューション フォーカスト アプローチ 6/ 終結

ソリューション フォーカスト アプローチ(SFA)の終結は
クライアントの決定に委ねられます。

毎回のカウンセリング セッションにおいて
現在の気分、不安の状態などを
点数化してもらう
スケーリングクエスチョンを行い
進捗状況を見ていきます。

またカウンセリングのゴールを意識して
スケーリングクエスチョンで何点くらいを目指すのかを
ウェルフォームド ゴールとして設定することも効果的です。

カウンセラーは
クライアントの意識に改善が見られ
そろそろ終結が近いと考えた場合は
”次回はどうしましょうか”
と語り掛け
クライアントがカウンセリングに来たいと思えば来てもらう
クライアント任せのスタンスをとります。

各カウンセリングのセッション同様
終結の際は
クライアントが頑張ったことを褒め
自尊心を持ってもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA