性格のいい人になる2

性格がいいということは、
多くの人から好かれます。
多くの人から好かれると、
自分を取り巻くコミュニティーの輪が
広く、深くなり、毎日が充実したものになります。

とても素敵な循環が始まります。
もちろんトラブルも発生するものですが、
これも人によって救われるものです。

アドラー心理学でも、
人間の幸せは、対人関係によってのみもたらされる
と言っています。

人との付き合いの薄い人生はさみしいものですよね。
なるべく楽しく人と関わりを持ち、
充実した人生を送りたいものです。

だからこそ、
自分から、性格の良い人を目指しましょう

さて、前回に引き続き、
性格の良い人間になる具体的な方法をご紹介します。

最も大切なことは、
人を褒める
ということです。

日本人は、この褒めるという表現がとても苦手ですよね。
それこそ、そんなこと言わなくてもわかるでしょ、とか
恥ずかしくて言えない、とか、
中には、文句を言わないのが褒めてる証拠
なんていう人もいるかもしれませんね。

でも、人はだれでも、
褒めてくれた相手を敵ではないと認識し、
安心し、喜びを感じ、仲間とみなします。

また、褒められることで自信がつき、
相手のために何かをしてあげたくなります。

もちろん、どうしても肌の合わない相手というものがいますよね。
それでも、ちょっとしたことでも褒めることによって
より悪い方へ流れることは避けられます。
何かの変化が起こることもありえます。

 

では、どのように褒めるのか。
褒めるところが見当たらないなんて考えてはだめです。

外見、内面、行動、どこかに
自分とは違う、褒めポイントがあるはずです

昨日できなかったことが、今日はできたね、
ほんの些細なことでも、十分です。

何か指摘したい時は、、、
絶対に、何か指摘しないと気がすまないという方、
いますよね~。

そういう時は、一旦褒めた後で、
じゃあ、ここはこうしようか、とか
ここはこうでもいいかも、
ソフトな感じで自分の意見も伝えると
相手との関係性も良好になります。

とりあえず身近な人を褒めてみてください。

そして、褒め上手な人に変身してみてください。
幸せがきっと増えていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA