ストレス対策2 コーピング

ストレスに対処する方法として
前回お話した瞑想以外に
コーピングというものがあります。
瞑想は普段からの習慣として有効で、
ストレスに直面した際はコーピングが有効です。

英語の cope (うまくいくよう)対処する
から来ているのですが、
どういうものかというと、

自分にとってストレスを減らすことができる行動を
普段から 100くらいリストアップしておき、
ストレスを感じた時に、そこから行動をセレクトして
実際にやってみるというものです。

例えば、
・ ○○の写真を見る
・ 嫌だったことを書き出し、○○に話を聞いてもらう
・ 好きな音楽を大音量で聞く(イヤホン使用)
・ コメディー、バラエティーを見て大いに笑う
・ 好きな食べ物を口一杯ほおばる(爆食ではなく)
・ ジョギングに出る
・ 雑誌を読みふける
・ 趣味の○○を作る
・ 親しい人に寄り添う
などなど、、、

キーワードは、
外にはき出す(ストレスを溜め込まない)、
笑う(笑いは百薬の長)、
身体を動かす(ちょっと息の上がる程度で30分)、
人に触れる(オキシトシンを分泌させる)
というになりますね。
(オキシトシンについては別の機会で触れます)

効果的だと思うコーピングを繰り返すことで
瞑想と同様にストレスに耐性がでてきます。
脳の前頭葉(認知や、行動の選択、物事の判断等を司る)が、
ストレスホルモンを出す扁桃体を抑制するからといわれます。

私はコーピング項目をスマホのメモ欄に記録して
いつも持ち歩いています。
あまり見ることはないですが、
お守りみたいな感覚になっていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA